利益を上げる業務改善とIT Part1

1・会社にとってのITとは

○ITと業務は一体化している

現在、業務で使っているソフトウェアはどんなソフトウェアでしょうか?
個人のPCにインストールされて、よく使われるソフトウェアとしては、メールソフト、ワードプロセッサー、表計算ソフトなどのソフトウェアが該当します。
社内の担当者の方が専門的に使うソフトウェアとしては、会計ソフト、販売管理ソフト、給与計算ソフトなどのソフトウェアが該当します。
これらのソフトウェアは、社内業務を完遂するために日々使われているITになります。
これらのソフトウェアがなければ社内業務が滞り、経営に深刻なダメージを与えることは間違いありません。
まさに、社内業務はITと一体化している社内インフラと言えます。
経営者の方が、「ITは苦手だから君に任すよ」と言って部下に丸投げする話をよく耳にします。
ITが社内の重要なインフラになっている現在、経営者の方がITを使うと何が出来るかを知り、ITをうまく活用する事が不可欠です。
そのインフラの出来栄えが、御社の事業を安定させ、さらには発展させるために大きな影響をおよぼします。

○経営のスピードはITが決める

人が人力で出来る事には限りがありますし、ITも当然限りがあります。
例えば、ある人が行う業務をその人より優秀な人が行ったとしても、その効率は、せいぜい2~3倍になる程度です。
しかし、ITを業務に上手く活用できればその効率は、数十~数百倍になります。
しかもITは、データを相互に連携させ、さまざまな形に加工し、結果を出す事を自動で行う事が出来ます。
これは、人力とは比較にならない程の差になります。
経営のスピードを上げるには、ITの活用が不可欠です。
まさに、 ITを制する経営者が、スピード感のある会社経営手に入れる事が出来ると言えるのではないでしょうか?

 

次回は「ITを会社の武器にするために」

◆コラムのお問合せはこちら!→
らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!
The following two tabs change content below.
平田 実
1961年生まれ。ソフトハウスでプログラマーとして従事した後、業務パッケージ開発会社で会計システムを20年以上担当。その後、経営管理システムによる資金管理やITを効率的に使った業務改善を支援する事業に従事。2015年1月、株式会社アクセプトを設立し代表取締役に就任。「御社の情報システム部」サービスを立ち上げ、経営者向けにITに関わる相談、業務改善の支援業務を行っている。 経済産業省 情報処理支援機関(Smart SME Supporter)に認定 中小企業庁 ミラサポ専門家(ITコンサルタント)登録  財団法人埼玉県産業振興公社 支援専門家登録 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティプレゼンター登録 越谷商工会議所 専門家登録

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コラムのお問合せは

こちら!

らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!

 

インフォメーション

  1. 2019-4-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2019-3-30

    WEBらうんじバナー広告募集

    「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 …

WEBらうんじ

◆WEBらうんじ【岩槻】

◆WEBらうんじ【越谷】

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

ページ上部へ戻る